調停離婚

相手側が、どうあっても協議離婚に応じてくれない。離婚の条件で合意ができない。
その場合は、もう裁判で争うしかない。そう思っている人が多いかもしれません。

しかし、実はもうひとつ前の段階があるのです。
離婚に関しては、すぐに裁判に持ち込むことはできないのです。
その前に、裁判所で離婚調停をしてもらう方法があります。

夫婦のいずれかが、家庭裁判所に申し立てれば、調停は始められます。
裁判所では、調停員が立ち会っている状態で、様々な条件について、交渉が行われます。

その結果、お互いが離婚することで合意すれば、調停離婚が成立します。
もし調停での話し合いがうまく結論に至らなかった場合、はじめて裁判に進むことができるようになります。

例えば、相手の浮気が原因で、こちらは親権をとって、離婚したいと考えている。ところが、相手は協議離婚に応じてくれない。養育費や慰謝料の金額もこちらの要求に応じない。

これでは協議離婚がすんなりまとまるとは思えません。
こうした場合には、調停離婚を目指して、家庭裁判所での離婚調停をすすめるべきでしょう。

浮気した方は有責配偶者といって、離婚の原因となる行為を行った配偶者のことをいいます。
有責配偶者は、調停の場では不利になることが多いです。

協議離婚では開き直られるとなかなか条件面で合意することは難しいです。
調停離婚であれば、裁判所が妥当な条件での合意を後押ししてくれます。