審判離婚【さいばんりこん】

審判離婚は、とてもレアなケースです。
審判離婚とは、離婚調停をしている夫婦がどうしても離婚に合意できないときに、裁判所が、自らの職権で強制的に離婚を成立させることです。

第三者の立場から見て、離婚したほうがお互いのためなのにも関わらず、何度調停を繰り返しても合意に至らない。そんなときに家庭裁判所が証拠の分析や調査に基いて審判離婚させるかどうかを判断するのです。

例えば、片方が何度も浮気を繰り返し、夫婦関係が破綻しているにも関わらず離婚に応じようとしない場合は審判離婚になる可能性があります。浮気のために生まれた感情的なしこりで調停が長引く場合に、審判離婚になるケースが比較的多いためでしょう。

審判離婚では、親権や財産分与、それに養育費や慰謝料といった条件面も強制的に決着をつけることもできます。ほとんどの場合、これに異議を申し立てる人はいないそうです。
ですが、もし異議申立てがあった場合、審判は効力を失います。その場合はいよいよ裁判で争うことになります。

審判離婚の気を付けるべきポイント


さらに、気をつけておくべきポイントがひとつあります。審判離婚では、2週間以内に異議申立てがなく、審判が確定したその時に、離婚が成立します。ただし、それから10日以内に離婚届を役所に提出する必要があります。
    審判離婚が適当だと認められる例
  • 離婚する夫婦双方が審判離婚を求める時

  • 離婚合意が認められているものの、その他の事情等で調停成立に出頭が無理な場合

  • 親権者の争いがあき、家庭裁判所の判断をしめす意義が必要な場合