協議離婚【きょうぎりこん】

協議離婚は、お互いが離婚することに合意さえしていれば問題なく離婚できます。手続きとしては、離婚届に所定の内容を記入して、役所に提出するだけです。離婚届には夫婦の他に、証人が二人、署名して印鑑を押す必要があります。証人には特に条件はありません。本人以外なら誰でもいいのです。協議離婚はそのくらい簡単にできてしまうのです。

このように手続きとしては驚くほど簡単な協議離婚。でも、浮気が理由で協議離婚をしようとするときには、いくつか気をつけておくべきポイントがあります。

それは、離婚届を提出する前に、きちんと離婚後の条件を決めておくこと。そしてそれを書面にしておくことです。

財産分与「養育費等」


協議離婚は簡単過ぎるくらいに簡単です。浮気が原因で頭に血が上った状態だと、後先を考えずにさっさと離婚届にハンコを押してしまうかもしれません。

でも、財産を二人でどう分けるのか。養育費はいくらもらうのか。そうしたことを離婚する前に決めておかないと、後で後悔することになります。相手が浮気したのに腹をたてて、さっさと離婚してしまうと、後から財産分与や養育費の条件を交渉しても不利になることが多いのです。

相手と離婚条件で合意できない場合は、調停や裁判などの場で条件交渉ができます。しかし、協議離婚した後は通常の裁判で争うしかありません。お金もかかりますし、精神的にも大変です。

離婚協議書でトラブル回避


  • 財産分与の金額・支払い期日

  • 子供の親権者・監護者

  • 子供の親権者

  • 面接交渉権

  • 慰謝料の金額と支払い期日

  • 養育費の金額・支払期日

上記が主に多い決定事項です。
お子様がいない方の離婚協議書の書き方
                   離婚協議書

第1条
 ○○○○(以下「甲」という)と、○○○○(以下「乙」という)は、協議により離婚することに合意した。

第2条
 甲は乙に対し、財産分与及び慰謝料として金○○○万円の支払義務があることを認め、平成○○年○月から平成○○年○月まで毎月末日限り金○万円ずつ合計○○回の分割にて、乙が指定する預金口座に振込にて支払う。なお、利息は定めない。

第3条
 甲と乙は、本契約に定めた以外には相手方に対し、何らの請求をしないことを確認した。

平成○○年○月○日

(甲)
住所:
氏名:

(乙)
住所:
氏名: