妻の帰りが遅い

浮気や不倫をされているかも知れない…。
けれど、決定的な証拠もないし、強く言い寄ることもできない…。

そんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
いつの時代も、男と女は関係をもとうとするものです。

探偵会社はあなたの想いにしっかりと答えます。
今回は、実際にあった調査事例から、浮気調査についてご紹介したいと思います。

以前、「妻の帰りが遅くて…」といったご相談をお受けしました。
依頼主の旦那様からは、おそらく浮気をしていると思うが、決定的な証拠がつかめないといったご相談を受けました。

まず、事前の打ち合わせから入ります。
いつごろから帰りが遅くなったのか、奥さまはどのような仕事をしているのか?
奥様の趣味は?奥様の男性のタイプは?
様々な内容ですり合わせを行います。
まず、夫婦関係と、ターゲットとなる人物像を浮き彫りにする必要があります。

それによって、浮気のパターン、行動も大きく異なってきます。

実際に帰りが遅くなり始めたのは、奥さまが会社の部署を移動してからということでした。
部署を移動して残業が多い、といったことが奥様の言い分です。

確かにそれもあるかもしれませんが、それを許していると帰りが遅く成る機会がドンドン増えていったということです。

こういった場合、移動した部署に気になる男性がいて、浮気をしていると思う方も多いかも知れません。
しかし、このケースは違いました。もともと気になる男性が社内におり、部署が変わったのをいいことに関係を持つようになったのです。

まずは浮気の調査から入ります。
実際にどういった浮気をしているのか、その証拠を掴まないと何も始まりません。
浮気の証拠になるのは、写真や撮影した動画、音声も証拠になる場合もあります。
このケースでは写真が決定的な動かぬ証拠になりました。

結論から言うと、やはり奥様は浮気をしていました。
しかも、移動前の部署の既婚男性とです。要はダブル不倫と呼ばれる状態です。

はじめに言い寄ったのは奥さまの方からだったようです。

浮気の証拠をつかんだのは調査を始めて三日目のことでした。
独自の方法で調査を進めて言った結果、疑惑の二人がラブホテルから出てくる写真の入手に成功したのです。

この報告を依頼主の旦那様へ。
旦那様はこの写真を持って、奥さまと話をされました。

結局二人は離婚されることになりました。
まだ子供もいなかった時期だったのでよかった、とご依頼主様はおっしゃっていました。

この様なケースはザラに発生しています。
大事なパートナーの行動が怪しいと思ったら、浮気調査をオススメします。