行動パターンを知る

浮気をされているかも知れない…。
そのような疑惑を持ったままパートナーと生活をするのはとても苦しいことです。
このような疑惑を解決するために、探偵会社に調査を依頼される方も多くいます。

浮気調査を行う方法として、基本であり絶対に抑えておかないといけないのが、浮気の行動パターンを知るということです。
人によって関係は様々と言っても、浮気にはあるパターンがあります。
浮気をしている人の行動パターン、浮気をしそうな人の行動パターン、その両方をしっかりと知っておく必要があるでしょう。

例えば、あなたの旦那様にいかに当てはまることはございませんでしょうか?

・やたらと会社の飲み、友人との飲み の機会が増える
・携帯電話が鳴っているので、ディスプレイだけ見て電話に出ない
・クレジットカードの利用頻度が増えている
・煙草を急に吸わなくなった、もしくは吸うようになった
・服装が変わった、香水をつけるようになった

この様な行動は、浮気をしている男性の典型的なパターンです。
もちろん女性にもあります。
例えば、

・女友達と食事に行くことが増えた
・残業の回数が増えた
・化粧が変わった、服装が変わった
・実家に帰る機会が増えた

その他にもたくさんの行動パターンがあります。
浮気調査では、このようなありきたりな行動パターンとさらに、調査会社独自の行動パターンをすり合わせ、調査で確実に成果が上がるようにします。

浮気をしている男女にも、その男女が既婚か、独身かによって、浮気のパターンも大きく変わります。
既婚者同士、既婚者と独身、どちらが男性でどちらが女性かによっても大きく行動パターンは変わってきます。

膨大な調査の事例から、探偵会社では独自にこういった浮気の行動パターンを分析し、様々な調査法を駆使して浮気の証拠を掴み取ります。
素人では決してつかむことのできない、ほんの少しの浮気の兆候にも気が付くことが出来るのです。

貴方のパートナー、確実に浮気をしていないと言い切れますか?
そういっている人でも、相手は何をしているかはわかりません。
もちろん、相手を信用することも大事なことです。でも、相手も環境や置かれている境遇によって、心が動いてしまうこともあるのです。

浮気調査では、浮気が本気になるのを防ぐといった効果もありますし、決定的に浮気をしている証拠を手に入れることで、離婚調停で有利になるといった効果もあります。

どちらにしても、確実な証拠が見つかってこその効果です。