浮気相手から貰う慰謝料

浮気が原因で与えられた精神的苦痛に対して、損害賠償として請求するのが慰謝料です。

自分の配偶者に対して請求することもできますが、もちろん浮気相手に対して請求することも可能です。
ただし、すでに夫婦関係が破綻している状態になった後に浮気が行われた場合には、請求が認められないこともあり得ます。家庭内別居の状態にとどまっている場合でも、慰謝料の請求が認められなくなるケースがあります。

また、浮気をした配偶者が、自分が結婚していることを隠していた場合、浮気相手には責任がないことになりますから、慰謝料の請求は難しいでしょう。それ以外にも、浮気相手に対して脅して関係を強制したり、暴力をふるって愛人関係を強要していた場合も同じように慰謝料の請求は困難になります。その場合、慰謝料の請求は浮気をした配偶者に対してのみ可能、ということになります。

なお、慰謝料の請求金額が裁判などで確定したとしても、実際に支払われるかどうかは心配です。裁判所命令による差し押さえなどの手段もありますが、確実に取るためには一括払いで支払ってもらうようにするほうが確実です。もし一括払いが難しい場合でも、できるだけ早く支払いを受けるために、最初の方の分割払いの金額を大きめに設定するようにしましょう。