慰謝料50万~100万円以下

専業主婦のPさんは、携帯電話から夫の浮気の証拠に気が付きました。
問題を荒立てたくないPさん、夫と浮気相手とPさんの3人で話し合いによる解決をはかろうとしましたが、話し合いは上手くいきませんでした。幼い子供を抱えて離婚なんて事態は避けたいPさん、弁護士に解決策の相談をすることにしました。

このケースでは相手方も弁護士を立て、強硬な態度を示してきました。
Pさんの夫の浮気相手は全く自分の非を認めようとはせず、慰謝料はもちろんのこと、謝罪する意志もありませんでした。最初は穏やかに解決しようとしていたPさんも、相手の態度に腹を据えかねてきたようで、交渉は泥沼の様相を呈してきました。かといって裁判を起こすほどには問題を大きくしたくないPさん、示談で「夫とは2度と会わない」という約束を取り付けようと粘りました。

裁判に持ち込みたくないと言うPさんの意向もあり、Pさんの精神的ダメージの大きさと、浮気が原因で夫婦関係の危機に直面しているという主張で、最終的には相手方も折れて、慰謝料60万円と、2度と会わないという約束で示談することができました。こういった困難な状況でも、弁護士と一緒にねばり強く交渉することで解決できる可能性は高くできます。

慰謝料85万円:夫から離婚を宣告され慰謝料請求


Eさんはある知人から、Bさんの夫と何年も前から浮気をしていることを告白されました。
Bさんにとってそれは予想外のことで大いにショックでしたが、さらに夫からも別れて欲しいと告げられてしまいました。
Bさんにとってはまさに青天の霹靂、夫から離婚を宣告され、長年の知人からは裏切られ、やりきれない気持ちだったでしょう。そこでBさんは、慰謝料を請求するべきかどうかも含め、今後どうするべきかを弁護士事務所で相談することになりました。Eさんの知人である夫の不倫相手とEさんの夫の不貞行為は悪質なものであり、Eさんの精神的苦痛を考えると、慰謝料の請求をためらうべきではないと伝えました。

Eさんも弁護士に任せる決意をして、さっそく、弁護士がEさんに代わって交渉することになりました。今回のケースでは、相手に慰謝料を支払う意志がなく、こちらも裁判に訴えざるを得ませんでした。
事前に十分な証拠が用意されていなかったので、急いで証拠となる証言を集め裁判を闘わなければなりません。幸い、Eさんの主張が認められ、85万円の慰謝料を支払うということで和解が成立しました。

Eさんの心痛を考えると十分な慰謝料とは言えませんが、この慰謝料がBさんの新たな旅立ちの一助になることを願っています。