慰謝料200万~300万円以下

Kさんは妻の携帯電話のメールから、妻の浮気を突き止めました。
妻との話し合いの結果、Kさんに離婚の意思はなかったものの妻のほうから離婚を求められ、結局、離婚することになってしまいました。浮気されたうえに離婚という最悪の事態におちいってしまったKさん、妻の浮気相手に慰謝料を請求するために弁護士事務所の扉をたたきました。

この浮気相手は妻との不倫の事実を認めているのですが、Kさんには浮気の決定的な証拠となるものがありませんでした。そこでKさんには、その浮気相手に電話し、浮気したという事実関係を証明するための会話を録音し、さらに浮気相手に念書を書かせるといったアクションをとってもらうようにお願いしました。

その結果、浮気を証明するために必要な証拠を用意することができました。証拠を携えた弁護士による交渉は大いに威力を発揮して、200万円の慰謝料を払うことで示談が成立しました。このように、例え十分な証拠がなくとも、諦めることはありません。経験豊富な弁護士であれば、あらゆる手段と知恵をもって、あなたの依頼を達成するために働いてくれます。

離婚による心の傷は大きいと思いますが、慰謝料という形で決着がつくことで、新しい幸せを探すきっかけにしてもれえればと思います。

慰謝料220万円:妻の不貞が許せずに離婚する決心


Mさんは、携帯電話メールから妻の浮気がしていることに気が付きました。
離婚するかどうかしばらく悩んだのですが、最終的には妻の不貞が許せずに離婚する決心をしました。妻も許せなかったのですが、それ以上に許せないのが妻の浮気相手です。慰謝料請求するにはどうすればいいのかとういう相談で、Mさんは初めて弁護士事務所を訪ねることになりました。

慰謝料を取りたいのはもちろん、それだけでは心の中のわだかまりどうしても晴れないという言うKさん、相手から真摯な謝罪の言葉も欲しいというお話でした。Kさんの依頼を受けて、浮気相手との交渉に弁護士が乗り出すことになりました。

交渉相手の態度というは人によってそれぞれ違いがでるものです。素直に謝罪の言葉を述べる人もいれば、自分に罪はないと開きなる人もいます。今回は後者のケースでした。しかし、ねばり強く交渉し、Kさんがどんな辛い思いをしてきたかを浮気相手に伝えて、どうにか謝罪の言葉を引き出すことができました。謝罪文とともに、慰謝料は220万円。

実際、相手が開き直るケースでは、本人同士の話し合いで解決するのは難しいことが多いですから、感情的になり過ぎて事態を悪化させる前に弁護士にご相談ください。

慰謝料260万円:夫の浮気相手に慰謝料請求


夫の態度があからさまにおかしいことを気になり始めたFさん、興信所に駆け込んで夫の素行調査を依頼しました。
結果、調査により夫が浮気していることを知ったFさんは離婚することも考え、非常に悩みましたが、それよりも浮気相手をそのまま許す気持ちもありませんでした。

素行調査により、浮気の証拠もつかんでいたFさんは、弁護士事務所に相談し、慰謝料を請求することにしたのです。
このように強い証拠がそろっているケースであれば、裁判になったとしても勝てる見込みが高いですから、交渉においても強く出ることができます。

Fさんの依頼を受け、弁護士が夫の浮気相手との話し合いを始めました。相手は浮気の事実は認めているものの、慰謝料の支払いに対してはかたくなです。こちら側からは、Fさんが離婚の危機にあること、浮気と離婚の問題で多大な精神的被害が生じていること、さらに事前に集めた証拠により相手の非を訴えることで、交渉を有利な方向に勧めていくことができました。最終的には260万円の慰謝料を支払うことで合意。

Fさんは不本意ながら離婚することになったという事情もあり、さらにこちらの裁判も辞さないという強気の態度が奏功して、260万円という高額の慰謝料になったケースです。

慰謝料200万円:妻の不倫相手に慰謝料の請求


妻の不倫を知ったDさん、離婚すべきかどうか悩みながら、妻の不倫相手に対しては慰謝料の請求をすることにしました。
Dさんの妻が職場の同僚と不倫をしていたというケースです。子供のことを考えると離婚もためらわれるため、とにかく2度と不倫などしないようにしたいということで、弁護士事務所に相談に来られました。
幸い、Dさんの妻が不倫相手と交わしたメールを保存していたため、証拠はそろっています。

この証拠をもとに、弁護士は不倫相手との交渉を始めました。

メールのやりとりに加え、Dさんが離婚を考えるほど悩まされていること、Dさんの精神的苦痛が非常に大きいことなど指摘し、交渉の結果、慰謝料は200万円。今回のケースでは、不倫が発覚したにも関わらずいまだに関係を続けているといった事情もあり、慰謝料を増額させることができました。こういったケースでは慰謝料の他にも、「二度と2人で会わない事」といった付帯条件を付けることも可能です。付帯条件を付けたにも関わらず、それを相手が破った場合、相手に対して損害賠償生請求ができます。

Dさんの場合、不倫を止めさせたうえで、離婚すべきかどうかはその後じっくりと考えてから決めることを選ばれたようです。

慰謝料260万円:妻の不倫相手に対して離婚後に慰謝料請求


妻の不倫相手に対して離婚後に慰謝料請求をしたCさんのケースです。
妻に対して疑心暗鬼のCさん、妻に対する気持ちはとっくに冷めており離婚もすでに決意していました。結局、妻と離婚したCさんでしたが、偶然にも妻の残していった日記から浮気していたという事実を発見しました。
日記には浮気相手のことも事細かく書いてありました。
そこで、Cさんは元妻の浮気相手に対して慰謝料を請求するために、弁護士事務所へと駆け込みました。
Cさんの元妻は結婚中2人の男性と浮気しており、それが原因で離婚することになったのだから、その2人の浮気相手から慰謝料を取りたいというのがCさんの考えです。弁護士事務所は、その2人に対して慰謝料請求すべく、さっそく交渉にはりました。
今回のケースでは不倫の証拠もあるため、片方の男性は素直に慰謝料の支払いに応じました。その男性との不倫が離婚の最大の要因であったこともあり、慰謝料は230万円。しかし、もう片方の男性は浮気の事実関係を否定しました。

浮気の証拠を見せてねばり強く追及していった結果、慰謝料30万円ということで妥協することになりました。Cさんが手にした慰謝料は合計260万円。離婚は痛手でしたが、新しい人生を歩むための資金を手にすることができました。