慰謝料100万~150万円以下

Oさんは、友人から夫が見知らぬ女性と親しくしていたと知らされ、不審に思い興信所に素行調査を依頼しました。
結果、Oさんの夫が浮気していることが解り、Oさんは夫を問い質しました。ところが、Oさんにいくら責められても浮気を止めようとしない夫。

しかし、Oさんは夫と離婚するつもりはなく、かといって浮気を止めさせることもできず、悩んだ末に弁護士事務所に相談に来られました。Oさんの家計はあまり余裕のある状態とは言えず、一方で夫の浮気相手は経済的に恵まれていましたから、高額の慰謝料を請求したいというお話でした。しかし、浮気が原因の慰謝料請求にもおおよその相場というものがあります。

離婚の危機までには至っていないケースであれば、相場としては100万円くらいが上限です。Oさんは離婚する意志はなく、浮気を止めさせたいという依頼ですから、付帯条件として、「2度と合わない」という約束を取り付ける必要もあります。しかし、請求相手が経済的に裕福な家庭であっても、支払いを渋るケースは多々あります。今回もそういうケースでしたが、ねばり強く交渉を続けた結果、なんとか上限の100万円の慰謝料を支払い、付帯条件も付けて示談を成立させることができました。

慰謝料100万円:慰謝料の相場は数十万円から百万円


Aさんの夫は長年浮気をしており、ついには夫から「別れて欲しい」という意向を伝えらました。

しかし、Aさん夫婦には、まだ小学校に通っている小さな子供が3人もおり、今後のことを考えると簡単に離婚を決意できるような状況ではありませんでした。

不貞を働いているのはAさんの夫であり、Aさんが拒否する限り、離婚が成立することはありません。

しかし、Aさんの夫の浮気相手に対して慰謝料請求するに当たり、離婚に至った場合と、離婚しない場合では慰謝料の相場が大きく違ってきます。

Aさんが弁護士事務所に相談に訪れた際、そういった事情から説明していきました。

離婚しないケースであれば、慰謝料の相場は数十万円から百万円です。

長年浮気に悩まされてきたAさんの気持ちは察するに余りあるものがありますが、相場を超えた慰謝料の請求は困難です。

Aさんの依頼により、弁護士が交渉に入り、慰謝料の請求と相手からの謝罪はとどこおりなく進めることが出来ました。

慰謝料は相場の上限である百万円を支払うということで合意。

さらに夫とは二度と会わないという付帯条件を付けて示談が成立しました。

この示談が成立したことで、離婚寸前までいった夫婦関係の改善につながればうれしい限りです。

慰謝料110万円:夫の浮気が発覚


夫の浮気が発覚したBさんのケースです。
Bさんは夫の浮気を知ったものの、まだ小さい子供もいるため、離婚に踏み切ることができません。しかし、腹立ちが収まらないBさん、夫の浮気相手に対して慰謝料請求をするため、弁護士事務所に相談することになりました。
「夫の浮気相手はBさんの友人、しかも三年以上も浮気を繰り返していた」とのこと。
夫は浮気を認めていたし、浮気の証拠となる写真、メールの類もすでにBさんの手元にありました。弁護士事務所は、さっそくBさんの依頼を受けることになり、浮気相手との交渉に入りました。交渉においては、Bさんが入手していた浮気の証拠も強力な武器となります。それに加えて、三年以上に渡って浮気を続けていたということ、夫婦関係が破綻しかかっておりBさんの精神的ダメージが大きいとなどを指摘していきました。結果、浮気相手も慰謝料の支払いに応じ、Bさんも慰謝料110万円ということで納得しました。

このケースのように、事前に証拠を入手している場合であれば、裁判になったとしてもこちら側に有利に訴えを進めることができます。
そういった背景もあるため、交渉もずっと有利に進めることができ、このケースでは慰謝料の支払いに関しても素直に応じてくれました。

慰謝料140万円:浮気相手も呼び出し謝罪と、慰謝料請求


Hさんは夫が浮気をしている証拠を発見しました。
証拠をもとに夫を問い詰め、さらに浮気相手も呼び出し、謝罪を要求しました。
しかし、謝罪だけでは怒りが収まらないHさん、慰謝料を請求するために弁護士事務所を訪れました。
Hさんの夫は6年にも渡ってその女性と浮気しており、女性の側もHさんの夫が既婚者であることも、まだまだ幼い子供がいることも知っていました。
先に誘ったのも浮気相手の女性のほうからだという話です。Hさんは用意周到で、浮気を認めたときの音声を録音しており、浮気相手からの謝罪の文書も受け取っています。十分に証拠もそろっていることもあり、期待に添えるだけの慰謝料を取れるだろうと伝え、依頼を引き受けることになりました。今回は相手側も弁護士を代理人としてきたため、弁護士同士の話し合いになったケースです。

こちらには十分な証拠もあり、併せて幼い子供を抱えているにも関わらず離婚の危機にさらされていること、長年浮気され続けた精神的被害などを指摘して、160万円の慰謝料を支払うことで合意することになりました。相手が弁護士を立ててきた場合でも、こちらにきちんとした証拠があれば、きっちりと慰謝料を支払わせることは可能です。