配偶者から貰う慰謝料

浮気にともなう慰謝料は、相手の浮気により受けた精神的苦痛を、お金で埋め合わせするものです。つまり損害賠償金です。
慰謝料は、離婚する場合でも、離婚せずに配偶者との夫婦関係を続けた場合でも請求できます。

ただ、離婚が成立した後に慰謝料を請求しようとしても、相手が話し合いに応じてくれなくなることが多々あります。仮に話し合いに応じてくれたとしても、金額を低く抑えようとされる場合が多いです。
ですから、慰謝料を請求するのであれば、まだ夫婦関係にあるうちに請求するほうが望ましいといえるでしょう。

慰謝料の金額は法律でルールが定められているわけではありません。どれだけの精神的な苦痛を与えられたのかを証拠立てて証明するかによって左右されます。浮気が原因で離婚する場合は、いかに証拠集めをするかが大事になってきます。そのために興信所などを使って浮気の具体的な証拠を集める必要もあります。裁判で慰謝料を決める場合は、そうやって集めた証拠がものをいいます。

裁判では慰謝料の算定の際、慰謝料請求を起こした側にも責任がなかったか検討されます。配偶者が浮気をした原因がこちらにもなかったかを問われることになります。例えこちらに非がない場合でも、先方の弁護士はそこをついてくつかもしれません。精神的に辛いと感じるかもしれませんが、そんな時こそ、冷静に対処するべきです。