慰謝料の貰える金額目安

慰謝料の金額については、法律でルール化されているというわけではありません。
浮気などで、どれだけ精神的苦痛を与えられたのか、あるいは相手方の経済力の程度、結婚していた期間や子供の有無などによって左右されます。また、慰謝料以外にも養育費や財産分与を請求している場合にはそれらの金額との兼ね合いもあります。

配偶者に対して請求する慰謝料について相場をみてみましょう。普通のサラリーマンの場合では、どの程度の慰謝料が目安になるのでしょうか。年収が300万円から700万円といった場合、慰謝料の金額はおおよそ100万円から300万円の範囲に収まります。

また、浮気相手に対して請求する慰謝料の場合はいくらくらいになるのでしょうか。これは離婚した場合としなかった場合で異なってきますが、離婚したほうが高額になる傾向がみられます。相場としては、50万円から400万円の間に収まります。一番多いのは200万円程度の金額でしょう。

いずれにせよ、慰謝料の金額が法で定められているわけではありませんので、どんな金額で請求しても法的には問題ありません。ただし、その場合はその金額の理由を裁判所で説明できるのか、また本当に支払われるのか、というリスクが心配になってきます。法外な金額を請求することに、あまりメリットはないでしょう。