慰謝料には時効がある

慰謝料にも時効がある、ということを知っていますか?
実は、慰謝料には3年という時効期間があります。それまでに請求しなければ、請求の権利が消滅してしまうのです。

では、いったいいつの時点から3年経過したら、慰謝料の時効が成立してしまうのでしょう?
それは、相手が浮気をしていると知ったときからです。例えば、浮気相手とホテルに入っていく場面に遭遇し、その後帰ってきたところで問い詰めたとしましょう。浮気の事実がお互いにとって明白になりましたので、その時点から3年間が慰謝料の請求が可能な期間ということになります。

浮気をされても、いつか自分のところに戻ってくる……と信じて待つにしても、3年が経ってしまうと慰謝料も請求できなくなるのです。精神的苦痛に対して法的に認められている唯一の代償が、慰謝料です。その機会を無駄にするのはもったいないですよね。

また、浮気の事実を知ったばかりのときは、冷静になることが必要です。頭に血が上った状態で「慰謝料は要らないから、すぐに離婚しよう」などと口走らないように。それを慰謝料の放棄、ととられたら時効にかかる前に、慰謝料請求がとても難しくなってしまいます。

慰謝料にも3年という時効が存在すること。それは浮気の事実を知ってからスタートする期間であること。このふたつは最低限覚えておきましょう。